国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

沖縄初の国宝建造物が新指定「玉陵(たまうどぅん)」

2018年(平成30年)10月19日(金)
文化審議会は、1件の建造物を国宝に,9件 の 建造物を重要文化財に指定することを文部科学大臣に答申しました。

【国宝】 玉陵(たまうどぅん)
沖縄県那覇市
玉陵は 琉球第二 尚王統の王陵(しょうおうりょう)で,1501 年に築造された。
石牆(せきしょう)で囲む敷地の奥に連立する3棟の墓室(ぼしつ)は,琉球地方の破風墓(はふばか)形式として現存最古かつ最大規模であり王陵としての特殊性も示す。琉球地方における建築文化と葬墓制(そうぼせい)を象徴する極めて完成度の高い 陵墓(りょうぼ)として深い文化史的意義を有している。
沖縄県の建造物として初めての国宝指定となる。



【国宝 新指定の部】
沖縄県で初めての国宝建造物となる壮大な規模の王陵 (近世以前/その他)
玉陵(たまうどぅん)
5棟
墓室(ぼしつ)(3棟),
石牆(せきしょう)(2棟)
所在地:沖縄県那覇市
所有者:那覇市
玉陵は,首里城の西側に位置する琉球第二尚王統の王陵で,三代尚真王により1501年に築造された。ほぼ長方形の平面に廻めぐらす石牆の奥に3棟の墓室を連立させ,前方に祭祀のための広い前庭を設ける。墓室は,自然の洞穴を利用しながら前面に石灰岩の切石を精緻に積み上げて切妻造りの墓室を築造した,いわゆる破風墓の形式を持つ。中室には洗骨前の遺体を安置し,洗骨後に,東室に王と王妃を,西室に王族を納骨したと考えられる。
玉陵は現存最古かつ最大の破風墓を中心とする規模壮大な王陵であり,琉球の葬送慣習を伝えるとともに,被葬者に応じて墓室を区分する王陵ならではの特殊性も有している。
グスクと共通性のある空間構造を持ち,建築的特徴の顕著な墓室や高欄の精緻な造形なども独特で,意匠的にも優れており,東アジアにおいて独自の文化的発展を遂げた琉球地方における,建築文化と葬墓制を象徴する極めて完成度の高い陵墓として,深い文化史的意義を有している。

今後,官報告示を経て,正式に国宝・重要文化財(建造物)指定となります。
国宝建造物226件,289棟となります。





応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都・浄瑠璃寺は、国宝の本堂、阿弥陀如来像、国宝三重塔に特別名勝・史跡の庭園と文化財の宝庫でした

京都・木津川市


レンタカーで行きました。
車で行くと奈良にすごく近いというのがわかります。
この話は前回の記事


浄瑠璃寺文化財として指定されているもの

1.国宝

建造物は、本堂(九体阿弥陀堂)、三重塔の二つ

西側に建つ、国宝九体阿弥陀堂・本堂
平安時代の建物1107年建築です。

平安時代後期に流行した九体の阿弥陀如仏が現存する建物です。
もともとは桧皮葺の質素な建物だったようです。

西方浄土の阿弥陀如来を拝めるようかつ9体並ぶよう、東向きに横長に建てられています。

中に安置されている阿弥陀如来像も国宝です。中央に中尊像2.2メートルの高さ
東の三重塔の薬師如来と対面する位置にあります。
優しい感じの阿弥陀如来様です。
光背に(江戸時代初期につくられた)多数の仏様は数を数えたくなりますね。

P1050312.jpg


国宝三重塔 平安時代のもの1178年

京都の一条大宮より移築され、西の本堂と向き合うように建てられました。
薬師如来像が安置されています。

薬師如来像は重要文化財で平安時代のもの

P1050330.jpg


美術工芸品の国宝は、九体阿弥陀如来像、四天王像です。


2.重要文化財

薬師如来坐像、地蔵菩薩立像(子安地蔵、延命地蔵)
吉祥天女像
本堂前の石灯篭

P1050346.jpg

3.史跡・特別名勝
浄瑠璃寺庭園

お庭は特別名勝です。極楽浄土の雰囲気です。

P1050320.jpg

P1050328.jpg

応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都府木津川市の海住山寺、浄瑠璃寺は「山城国」、奈良だと思いました。

京都府木津川市

海住山寺、浄瑠璃寺

両方とも国宝などの文化遺産がある素敵なお寺です。

木津川

「津」は港という意味、木材を集積した場所、木の港なんです。

全国各地で伐採した大きな木材

これを船で大阪湾まで運び、淀川を上って大山崎あたりから木津川に入ってここ木津まで運びました。

そして木津から平安京までは陸路

なんと東大寺までは10キロありません。

とても近いのです。

奈良時代より前に制定された律令制によって「山城国」の境が決まりました。

その時は、
海住山寺、浄瑠璃寺、木津川町も山城国

そのまま、京都府になってしまったのですね。

訪れて土地感覚がわかると、ここはなぜ京都と誰もが思う感じではないでしょうか?

現代の線引きで京都で奈良なんですね。

京都・浄瑠璃寺は、国宝の本堂、阿弥陀如来像、国宝三重塔に特別名勝・史跡の庭園と文化財の宝庫でした。

京都・海住山寺は、国宝五重塔があるお寺、山から見晴らすと木津川が見え

その感じが伝わります。

P1050257.jpg

春は青紅葉

P1050263.jpg

応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海龍王寺と国宝五重小塔

P1050598 - コピー.jpg


門からいい雰囲気で山門に続く道が見える。


参道の回りは自然な感じで草花が成長している。


P1050599 - コピー.jpg


P1050576.jpg


山門をくぐると左に拝観料を納める小屋があり


明るく優しい感じのおばちゃんが


この印象だけでも違う。



本堂
P1050588.jpg



西金堂に安置されている国宝五重小塔
P1050579.jpg


P1050585.jpg

かなり精巧にできています。

大きな塔を建てるだけの敷地がなかったので10分の1の小塔をつくったという話があります。

高さ4メートル
奈良時代のものです。

国宝のジャンルでは、工芸品では建造物のジャンルです。

奈良時代の建築技法を伝えるものとしての価値があります。

均等のとれた美しい五重小塔です。


応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口から京都へ始発で行きました

P_20190430_063602.jpg

新山口駅から京都へ始発で行きました。

のぞみで行けると思っていましたが

新山口駅からののぞみは「のぞみ4号」

新山口駅 7:12発 京都着9:20着


よくよく調べてみると

乗換えでもっと早くいける便がありました。

ひかりです。

新山口から徳山まで「ひかり440号」

新山口駅 6:37分発  京都 8:54分着

約30分違い

今回はひかり→のぞみ

徳山乗換えで京都に行きました。

割と空いているのでいいです。

徳山まで一駅なのであっという間


応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。