香川善通寺の境内は広くて多くの伽藍などありますがおすすめは五百羅漢の地蔵の表情です - 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

香川善通寺の境内は広くて多くの伽藍などありますがおすすめは五百羅漢の地蔵の表情です


s-DSC07670.jpg

境内は大きく分けて、東伽藍と西伽藍があります。

金堂(本堂)を中心とした伽藍には、五重塔、釈迦堂、鐘楼などの諸堂が建ち並びます。
s-DSC07699.jpg

s-DSC07696.jpg

s-DSC07698.jpg



中門・仁王門を境に西伽藍があります。

s-DSC07668.jpg


戒壇めぐりができる御影堂

佐伯家の邸宅跡に建てられたお堂が御影堂です。

御影堂中心に、聖霊殿、地蔵堂、護摩堂などがあり、宝物館もあります。

s-DSC07656.jpg

s-DSC07650.jpg

s-DSC07648.jpg

東と西の間に中門がありますが、そこに五百羅漢、石の地蔵で一つ一つは大きい地蔵です。

s-DSC07668.jpg

s-DSC07712.jpg

その地蔵をひとつひとつ表情を見るとあきません。

s-DSC07711.jpg

思わず噴出すような表情のものもありました。

全部見ていったら時間がかかりそうですが・・・

s-DSC07713.jpg

s-DSC07715.jpg

おススメです。


応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク




Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます