香川県善通寺の「ご戒壇めぐり」で弘法大師様の声をありがたくいただく - 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

香川県善通寺の「ご戒壇めぐり」で弘法大師様の声をありがたくいただく

瀬戸大橋を渡って岡山から四国へ突入

一番先に向かうのは、弘法大師空海の誕生のお寺と言われている香川県善通寺市「善通寺」

スタートが遅かったので夕方になってしまったのですが、真夏なので夕方の方が直接の日差しがなく少しだけすごしやすい。

善通寺の境内はかなり広い。

駐車場は裏にあるので、済世橋を渡って裏手から入ることになる。

最初に大きな建物「御影堂」
s-DSC07656.jpg

その横には戒壇めぐりの案内がありました。

s-DSC07654.jpg

その御影堂にご戒壇めぐりができる入口がある。

s-DSC07657.jpg

案内の人の話では、この御影堂の中央真下が、弘法大師様のご誕生の聖地になるということです。

真っ暗であること
左手で壁を伝って進むこと
聖地で弘法大師さまの声が聞こえる

ということを案内されて入りました。

料金は、戒壇めぐりと宝物館入場料で500円になります。

長野善光寺のご戒壇めぐりを思い出します。

善光寺より距離は長いと感じます。暗闇の中を手探りで歩みます。

なんと心細いことか

かなり歩いて中央付近ということになるのでしょう。

センサーに反応して、いきなり薄明るい電気がついたのにはびっくりします。

そして解説が流れます。

厳かな気持ちが急に観光感覚にもどってしまいました。

声の中に弘法大師様の声らしい声が聞こえたような気がします。
弘法大師様と結縁がされたと思い込みました。

※モンタージュボイス制作(日本音響研究所)が作成の声らしい。

テープが終わると出口に向かい戒壇めぐりは終了。

その後、いったん御影堂の入口とは逆の出口にでて、宝物館に向かいます。

s-DSC07664.jpg

宝物館には

国指定の重要文化財である
・吉祥天立像
・地蔵菩薩立像
・毘沙門天立像

など平安時代の木造の仏像があります。

国宝の金銅錫杖頭は、非公開で、パネルが展示されています。

国宝の一字一仏法華経序品は、複製本で展示されています。

この戒壇めぐりで弘法大師誕生のお寺「善通寺」を実感できました。

応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク




Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます