愛媛県のおすすめランキングを調べてみました - 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

愛媛県のおすすめランキングを調べてみました

今年の夏休みは、四国の文化遺産巡りをしようと思います。

愛媛県のおすすめランキングを調べてみました。文化遺産の他もたくさんありました。

RETRIP[リトリップ] 愛媛県おすすめ観光スポットランキング15
第1位 道後温泉(松山市)
第2位 四国カルスト(上浮穴郡)
第3位 松山城(松山市)
第4位 タオル美術館ICHIHIRO(イチヒロ)(今治市)
第5位 アサヒビール四国工場(西条市)
第6位 愛媛県立とべ動物園(伊予郡)
第7位 今治城(今治市)
第8位 坊ちゃんカラクリ時計(松山市)
第9位 道後ぎやまんガラス美術館(松山市)
第10位 えひめこどもの城(松山市)
第11位 坂の上の雲ミュージアム(松山市)
第12位 石鎚山(いしづちやま)(西条市)
第13位 大観覧車くるりん(松山市)
第14位 大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)(今治市)
第15位 愛媛県立歴史文化博物館(西予市)

四国 愛媛県の一度は行ってみたい 絶景観光スポット NEVER
・今治城(いまばりじょう)
・来島海峡大橋 瀬戸内しまなみ海道
・糸山公園展望台(いとやまこうえんてんぼうだい)
・来島海峡展望館
・近見山展望台(ちかみやまてんぼうだい)
・来島海峡SAの夜景
・石鎚山ハイウエイオアシス
・石鎚神社(いしづちじんじゃ)
・石鎚神社 成就社(いしづちじんじゃ じょうじゅしゃ)
・石鎚登山ロープウェイ
・石鎚山(いしづちさん)
・瓶ヶ森(かめがもり)
・マイントピア別子
・具定展望台
・川之江城(かわのえじょう)
・松山城天守閣(まつやまじょうてんしゅかく)
・道後温泉本館
・松山総合公園
・松山空港「ポンジュース蛇口」
・とべ動物園
・面河渓(おもごけい)
・四国八十八箇所四十五番札所岩屋寺
・四国カルスト(しこくカルスト)
・天空の道(県道383号線)
・大成神宮(たいせいじんぐう)
・大洲城(おおずじょう)
・佐田岬灯台
・椿山展望台
・諏訪崎(すわざき)
・宇和島城(うわじまじょう)
・宇和島市営闘牛場
・高茂岬(こうもみさき)
・三ツ畑田島(みつはただじま)


松山・道後の観光スポット 楽天トラベル

道後温泉
開湯は縄文時代といわれ、聖徳太子も訪れたという。正岡子規など、ゆかりの著名人は数多い。近代的なホテルが並ぶが、夏目漱石『坊っちゃん』で描かれた道後温泉本館のたたずまいはそのまま。

松山城
武将、加藤嘉明が慶長7(1602)年より築城を開始し、四半世紀をかけて完成。各櫓、城門、天守など21棟の建造物が重要文化財。山頂から松山市街や瀬戸内海が一望できる。
振鷺閣振鷺閣
道後温泉本館の最上層にある望楼で、屋根に伝説の白鷺像を据える。赤いギヤマンをはめた障子窓は夜にはランプ光が反射して美しい。中に吊られた刻太鼓の音は残したい日本の音風景100選の一つ。

坊っちゃん列車
夏目漱石の小説『坊っちゃん』でマッチ箱のようだといわれた列車を復元。伊予鉄道松山市駅〜道後温泉駅、道後温泉駅〜古町駅の2路線で運行し、観光客に人気。

坂の上の雲ミュージアム
司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』をテーマにした博物館。安藤忠雄設計のスタイリッシュな館内に、小説の主人公である秋山好古・真之兄弟、正岡子規ゆかりの資料を展示している。

面河渓
西日本の最高峰石鎚山の南麓に広がる四国最大の渓谷。見渡す限りの大樹海、いたるところから突き出した断崖、滝、奇岩など変化に富んだ見事な自然美が広がる。

宇和島城
藤堂高虎が慶長元(1596)年から6年かけて近世城郭を築き、元和元(1615)年、伊達政宗の庶長子、秀宗の入城以来、9代にわたって伊達家の居城となった。天守は重要文化財。

開明学校
明治15(1882)年に建築された、現存する西日本最古級の小学校校舎。アーチ型の窓や白壁など擬洋風建築のハイカラな様式は文明開化の影響を受けている。重要文化財。

大洲城
大洲城は藤堂高虎、脇坂安治によって城郭が整備され、廃藩まで大洲藩加藤家13代の居城だった。写真などの史料をもとに復元された天守閣は、木造4層4階建てで19.15mの高さがある。

内子座
大正時代初期に建てられた瓦葺き入母屋造りの歌舞伎劇場。当時のままの花道、廻り舞台、枡席などを生かし、現在も公演が行われている。内部の見学ができるが、公演時は入館できない場合あり。

滑床渓谷
四万十川の支流、目黒川の上流に広がる鬼ヶ城山系に抱かれた12kmに渡る大渓谷。巨大な一枚岩の上を流れる幅約20m、落差80mの雪輪の滝は「日本の滝百選」の一つ。

臥龍山荘
肱川流域随一の景勝地、臥龍淵を望む約3000坪の山荘。河内寅次郎が造らせた臥龍院や不老庵など意匠を凝らした名建築に、自然を生かした借景庭園が見事に調和している。

石鎚山
信仰の山として崇められる日本七霊山の一つ。山岳信仰の修業道として知られる険しい登山道だが、ロープウェイやドライブウェイで七合目まで行くことができる。

翠波高原
翠波峰を頂点に750m地点に広がる高原。春は菜の花、夏はコスモスが咲き乱れる。遊歩道やハイキングコース、子供広場が設備されている。

三島神社
延徳2(1490)年建立の旧本殿は檜皮葺きの建物で、木鼻に鳥のくちばしを思わせるシカミが付いている。毎年10月に行われる秋期大祭は、五穀豊穣を願う伝統の祭礼。

別子ライン
「新日本百景」の一つに選ばれた国領川上流の渓谷地。一帯は全長10km、変化に富む巨岩、高山植物の群生、清流がすばらしい。秋には色鮮やかに紅葉する。

マイントピア別子
別子銅山の跡地を利用した鉱山観光と温泉のテーマパーク。拠点となる赤レンガ造り4階建てのマイントピア本館にレストラン、みやげコーナー、温泉施設がある。

本谷温泉
古くから親しまれ、約1300年以上の歴史ある温泉。道後温泉、鈍川温泉とともに「伊予三湯」と呼ばれる。肌ざわりがしっとりした湯は、神経痛、筋肉痛などに効能がある。

来島海峡大橋
大島と今治を結び、鳴門海峡、関門海峡と並んで日本三大急潮流に数えられる来島海峡に架かる橋。世界初の3連吊り橋として知られる。徒歩や自転車でも渡れる。

多々羅大橋
橋長1480mの白鳥が羽を広げたような美しいフォームの多々羅大橋。フランスのノルマンディー橋とは姉妹橋。潮風を受けながら走るしまなみサイクリングのハイライト。

伯方・大島大橋
伯方橋は325mの桁橋、大島大橋は840mの吊り橋で、異なる構造の橋が連続する。別に設けられた自転車歩行者道を歩けば、徒歩20分ほどで大島から伯方島へ渡れる。

大三島橋
昭和54(1979)年に開通した本四架橋最初の橋。完成当時は日本一長いアーチ橋として名を馳せた。自転車や歩行者の通行も可能で、橋の下は急流として知られる鼻栗瀬戸。
今治城(吹揚城)今治城(吹揚城)
慶長7(1602)年に築城の名手、藤堂高虎が手がけた城で日本屈指の海岸平城。5層6階の天守閣は昭和55(1980)年に再建。今治藩ゆかりの資料を展示し、最上階からは瀬戸内海や石鎚連峰も一望。

大山祇神社
天照大神の兄神、大山積神を祀る。全国1万社あまりの大山積神を祀る神社の総本社でもあり、海の神、山の神として信仰を集める。本殿、拝殿ともに重要文化財。

愛媛県の観光スポットたくさんありますので、文化遺産中心に絞る必要がありそうですね。



応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク




Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます