紅葉のついでに新国宝「石清水八幡宮」に行きました - 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

紅葉のついでに新国宝「石清水八幡宮」に行きました

DSC01922.jpg

日本の三大八幡宮のひとつ「石清水八幡宮」

2016年新たな国宝に指定されます。

やまわたのはちまん さん

と親しまれている。八幡市・男山

京都から見て、

鬼門(東北の方角) ⇒ 比叡山延暦寺

裏鬼門(西南の方角) ⇒ 石清水八幡宮

として、都の守り神です。

伊勢神宮に次ぐ、国家第二の宗廟と称されている全国屈指の厄除けの神社です。

源氏一門が守護神として崇められたため、必勝の神社としても有名です。

少しハズレの京都の紅葉観光の一部に石清水八幡宮の工程を追加しました。

石清水八幡宮は、七五三で賑わっていました。

DSC01931.jpg

なぜ、こんな歴史も含めて貴重なところが、今さら国宝指定なのか疑問が湧きました。

わかったらお知らせしますね。

国宝建造物としての石清水八幡宮評価の記事⇒

たまたまお会いした地元のボランティア杉山浩政さんから案内いただいた後にすすめられた展望台

杉山さんは「石清水八幡宮のある男山からは、桂川・宇治川・木津川の三川の合流点がよく見れます。見晴らしの良い展望台に寄って歴史とのつながりなど実感できますよ」
という話だったので展望台も寄りました。

感想としてはこの3つの河はさぞかし氾濫などの歴史を繰り返したのだろうなと推測します。そしてこの男山の高台は貴重な場所だったことが実感できました。石清水八幡宮の歴史はこれから調べて行きます。

DSC_0333_1.jpg



応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。