落語「千早振る」(ちはやふる)も有名です - 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

落語「千早振る」(ちはやふる)も有名です

小倉百人一首の和歌「ちやはふる「の話は前回にしましたが、

「ちはやふる」は、小倉百人一首の他では、落語でも有名です。

落語「千早振る」(ちはやぶる / ちはやふる)

古典落語の演目の一つ。隠居が短歌にいい加減な解釈を加える話です。

この演目の得意な落語家としては、動画・三遊亭小遊三氏「ちはやふる」

スポンサーリンク




落語「ちはやふる」あらすじ

「先生」の異名を持つ岩田の隠居が茶を飲んでいると、なじみの八五郎が訪れてくる。娘に小倉百人一首の在原業平の歌の意味を聞かれて答えられなかったため、隠居のもとを訪ねてきたという。

隠居も実はこの「ちはやふる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは」という歌の意味を知らなかったが、知らぬというは沽券にかかわると考え、即興で次のような解釈を披露する。

江戸時代、人気大関の「竜田川」が吉原へ遊びに行った際、「千早」という花魁に一目ぼれした。ところが千早は力士が嫌いで、振られてしまう(「千早振る」)。

振られた竜田川は妹分の「神代」に言い寄るが、こちらも「姐さんが嫌なものは、わっちも嫌でありんす」ということをきかない(「神代も聞かず竜田川」)。

このことから、成績不振となった竜田川は力士を廃業、実家に戻って家業である豆腐屋を継いだ。
それから数年後、竜田川の店に一人の女乞食が訪れる。「おからを分けてくれ」と言われ、喜んであげようとした竜田川だったが、なんとその乞食は零落した千早太夫の成れの果てだった。

激怒した竜田川はおからを放り出し、千早を思い切り突き飛ばした。千早は井戸のそばに倒れこみ、こうなったのも自分が悪いと井戸に飛び込み入水自殺を遂げた(「から紅(くれない)に水くぐる」)。

八五郎は「大関ともあろう者が、失恋したくらいで廃業しますか」、「いくらなんでも花魁が乞食にまで落ちぶれますか」などと、隠居の解説に首をひねり通しだが、隠居は何とか強引にハチ公を納得させた。

やれ安心と思った所にハチ公が、「千早振る、神代も聞かず竜田川、からくれないに水くぐる、まではわかりましたが、最後の『とは』は何です」と突っ込んだ。

とっさの機転でご隠居はこう答えた。
「千早は源氏名で、彼女の本名が『とは(とわ)』だった」

枕詞を知らない隠居がハチャメチャな講釈をしてしまった八五郎は隠居の話をちゃかさずに最後まで聞き入る。

竜田揚げ から 竜田川の紅葉 と 和歌「ちはやふる」 と 落語「ちはやふる」 

につながりました。

ちはやふる関連ページ&サイト


・竜田揚げから竜田川の紅葉
・和歌「ちはやふる」
・動画・三遊亭小遊三氏「ちはやふる」

スポンサーリンク



応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク




Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます