国宝瑠璃光寺五重塔で花見 - 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

国宝瑠璃光寺五重塔で花見

国宝 瑠璃光寺五重塔ご開帳
DSC_0225.jpg

さすがに暖かくなった桜の季節、観光客も多い

何度か来ているが、桜の満開の時は初めて

一の坂川の満開の花見の後なので、桜のインパクトは少ないですが、五重塔は映えてます。

DSC_0209.jpg

ご開帳ということでしたので、ボランティアのガイドさんに聞きましたら、年にこの時期だけ。

四方向の扉が空いてしました。

正面の扉から見えたのは、「阿弥陀如来像」と隣に「大内義弘像」。

この五重塔は、お兄さんを弔うために弟さんが建てたので、阿弥陀様の隣に、お兄さんの像が並んでいるのも頷けるが・・・

阿弥陀如来様と隣は他に例がないのではないかと思いました。

残りの3方向の扉から見えるのは、なんか本のようなもの、お経を書いた紙の束ですが、紙が変色もしていなかったので比較的新しいものでしょう。キット。
2500冊の膨大な量です。

山口瑠璃光寺五重塔について⇒

応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク




Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます