山口の地酒 獺祭(だっさい) - 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

山口の地酒 獺祭(だっさい)

山口の地酒で全国的に有名なお酒があります。

獺祭(だっさい)

獺(かわうそ)に祭と書き「獺祭(だっさい)」というお酒です。

一風変わった名前を持つこの日本酒は、山口県の玖珂郡周東町(くがぐんしゅうとうちょう)という小さな町から日本全国に発送され、日本酒ファンの間でかなり話題になっている地酒です。

カワウソは捕らえた魚を岸に並べる習性があり、その姿はお祭りをしているように見えるとか・・。

詩や文をつくる際、多くの参考資料等を広げちらす様子と共通することから、「獺祭」とは書物や資料などを散らかしている様子を意味します。

山口出身の中原中也は自らを「獺祭書屋主人」と号していたそうです。

日本文学に革命をもたらした中原中也のように、変革と革新の中からより優れた酒を創り出そうという志。

そして地元の地名「獺越」にも「獺(カワウソ)」の文字があることから「獺祭」という酒名が付けられましたそうです。

山口湯田温泉の酒屋
原田酒舗
http://kankoyamaguchi.seesaa.net/article/374605582.html
で「獺祭」を買いました。
IMG_2284.jpg


応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク




Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます