山口 国宝功山寺仏殿 - 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

山口 国宝功山寺仏殿


山口県下関

国道沿いの観光センターに無料で駐車できた。
観光バスも入っていたが調度車の空きがでたが、混んでいたら止められそうも無い。
ラッキーである。

車を止め、川沿いをぶらぶら歩くことができるように整備されている。
それにあわせて川沿いの民間の家も雰囲気に合わせた門構えにしている。
気持ちよく歩くことができる。

DSC_0079.jpg
総門をくぐり、山門に向かって薄暗い木立の階段を上る


DSC_0082.jpg
階段を踏みしめながら、どっしりとした山門
市の重要文化財である。
山門をくぐると国宝功山寺の仏殿が見える。

功山寺 仏殿
DSC_0085.jpg
つんと屋根がせりあがった桧皮葺の屋根
鎌倉時代の代表的な唐様(禅宗様式)建築物

鎌倉の円覚寺舎利殿、東京の正福寺地蔵堂と比較してどっしり大きく感じる。

幕末、高杉晋作が「功山寺の挙兵」を行ったらしい。
敷地内には長府博物館があった。
 

功山寺仏殿をもっと




応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク




Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます