国宝建造物全国制覇しながらの旅日記

-  |  次の1件 »

高知県国宝・豊楽寺薬師堂は四国最古の建物。なぜこんな山の上に

s-DSC08219.jpg

なぜこんなに山の上に

と思うくらい、車で1台走れるくらいのガードレールのない道を登って行く。

退避所も少ないので、すれ違いできない。

正面から車が来ないようにと祈りながら。

たどり着く

なんでこんなところに

と思う人も多いはず「信仰」がゆえに。


ただ逆にここにあるから、四国最古の建物として現存しているとも言える。

s-DSC08191.jpg


こけら葺きのいかにも古さを感じるそった屋根

国宝 高知県 豊楽寺薬師堂

四国最古の建物として残っています。

平安時代 1151年

入母屋造り こけら葺き

s-DSC08214.jpg

高知県の国宝建造物はここだけ。

詳しく

また行きたい度★


応援お願いします↓

国内旅行 ブログランキングへ

タグキーワード
高知県の文化遺産カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の1件 »

スポンサーリンク




Copyright © 国宝建造物全国制覇しながらの旅日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます